Bellburn plus+ SHAWOOD

積水ハウス 木造住宅 SHAWOODで家を建てました。30年経っても色褪せない、陶版外壁「ベルバーン」を採用。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無垢床ならではのトラブル

前回の記事に続き、今回も床について。

見つけてしまった(゚Д゚;)
「……?!」という汚れを。
初めてカスタマーズセンターに電話しました。
カスタマーに電話するほどの汚れって、どんなん?!
気になるところですよね。

皆さん、探してみて下さい(*^_^*)

① 難易度 ★☆☆

yukayogore6.jpg

② 難易度 ★★☆

yukayogore2.jpg

➂ 難易度 ★★★

yukayogore8.jpg




【 答え 】
赤線内にあります。

yukayogore5.jpg



こんな感じの細長い線が、あちこちにあるのです。
全部で6ヵ所ほど。
一番長いものは、約3m。
( ̄▽ ̄;)!!ガーン

yukayogore4.jpg


この汚れ、引渡し時にはありませんでした。
入居後、3ヵ月経った今、突然現れた汚れです!!

なんじゃこりゃーーーーー!!と叫びたい気持ちを抑えて…
冷静に工事中の写真を見直してみることにしました。

あっ!!
犯人、わかりました!!
犯人は、おそらく…

養生テープ!!

まさかの、養生テープです(笑)
※薄紫色のテープが、養生テープです。

yukayogore7.jpg

汚れの幅・テープの幅からして、今回の汚れの犯人は、これしか考えられません(/_;)

① カスタマーズセンターにTEL
「担当者が不在なので、戻り次第ご連絡致します」

② 現場監督さんにTEL
他の用件で電話したのですが、床の汚れについて相談しました。
「明日、伺いますね」
対応、早い!!

➂ カスタマーズセンターの担当者からTELあり
「明日は、予定がいっぱいなので行けません」
現場監督さんに見てもらって、その後の対応は、カスタマーさんにお願いしました。

④ 翌日、現場監督さん訪問
今回の汚れの真相は…

養生テープの糊の粘着部分が、床に付着

テープを剥がした後、床に残っていた糊の粘着部分の上に、汚れや埃が少しずつ付着

数か月経った今、汚れが目立つようになってきた。


サンドペーパーのようなもので表面を削り、ワックスをかけて補修するのだそうです。
まだこれからも出てくるかもしれませんと言われました。゚(゚´ω`゚)゚。

積水ハウスのアフターメンテナンスに期待していたのですが、実は少しガッカリ。
カスタマーの担当者さんから、工事日程の連絡がくるはずですが、10日経っても連絡こず…。
お忙しいのでしょうか…。

更新楽しみにしてるよ~!!
また読むよ~!!
どちらか1つ、合図のポチリをお願いします!!
更新、頑張れます( ´ ▽ ` )ノ






Comment

ハチどん says... "こんにちは〜"

お久しぶりです!

フローリング、こんなことがあるのですか…!
びっくりです。
無垢材だから…でしょうか…?
養生の仕方に問題があったのでしょうか…?
これはショックですよね。。
うちも1階のリビングと玄関は無垢材になる予定なので、気になります。。

カスタマーセンターの 今後の対応に期待したいですね。

2013.01.29 16:14 | URL | #4fB9XOpA [edit]
sengen says... ""
★八チどんさん

おはようございます!!
私もビックリしました。
こんなこともあるみたいですね。

きちんとした説明を受けていないのでハッキリと申し上げられないのですが、
たぶん、養生テープを床面に直接貼ったことがNGだったのでは?
夏の高温も関係して、テープの粘着材がより付着しやすい環境だった?とか。

マルホンのHPの中に施工説明書がありました。
禁止事項・養生テープの使用方法について書いてあります。
この通りに養生すれば、今回のようなことは起こらなかったのかもしれませんね。

今後他のお宅でこのようなことが起こらないように、施工方法を徹底したり、
きちんと対策をしてもらいたいですね(*^-^*)
2013.01.30 08:53 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sengensan.blog.fc2.com/tb.php/97-915e6db8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。